BLOG & INFO

潜在意識を書き換えて本質的な能力を開花させる方法とは?

こんにちは。

メンタルケアトレーナーの中村茉那です。

過去に、私自身が潜在意識が変わると周波数が変わると、現実が変わると実感できる経験をしました。

「人生って何故、こんなにも思い通りにならないんだろう?」という悲惨な人生経験がきっかけでした。

その時は、私の何が悪いんだろう?何が原因なんだろう?と悩み、何故、周りの人は気楽に楽しそうなんだろう?と羨ましくも思いました。

そんな自分自身も思い通りにならない人生も変えたいと願った時に出会ったのが「潜在意識の書き換え」でした。

潜在意識が書き換わると、マインドが変わり、現実が変わるのは「周波数」が変わるからで、ラジオやテレビのチャンネルを合わせるように、同じ周波数の人、出来事を引き寄せると実感しました。

潜在意識が変わると現実が変わる!その経験は私にとって楽しい経験になり、多くの方に「潜在意識」を書き換え、潜在能力を活用する方法をお伝えしていきたいと思いました。

そして潜在意識は現実体験にも大きく関係しています。

ナポレオンヒルの「思考は現実になる」という有名な言葉があります。

自分の考えが良い結果を引き寄せたり、周りの環境さえも作りだしていますが、多くの場合は無意識に現実が作り出されるのです。

なぜなら、言葉にでき認識できる顕在意識は意識全体の約3~5%

無意識の潜在意識は95~97%を占めるからです。

小さな顕在意識に比べ大きな潜在意識の影響が大きいということです。

なので、どんなに顕在意識がプラス思考でも、潜在意識にある思考がネガティブであれば無意識にネガティブな現実を体験することになるのです。

潜在意識の無意識の思考が現実化すると知り、人生が思い通りにいかなかったのは無意識の思考の影響だと納得できました。

ナポレオンヒルの「思考は現実になる」という言葉がありますが、この思考は「潜在意識」の自動思考なのです。

また、顕在意識の思考と潜在意識の自動思考がイコールであれば、確実に現実となって現れます。

知らなかった! 潜在意識には2つの領域があるとは潜在意識の概念を初めて唱えたのは、オーストリアの精神分析医であるジークムント・フロイトです。

フロイトは、意識の下にある無意識の領域に多くの心的過程が存在し、それが人間の行動や思考に大きな影響を与えると主張しました。

彼の理論は、無意識、前意識、意識の三層構造を持ち、特に無意識の中には抑圧された欲望や記憶が含まれているとされました。

さらに、フロイトの弟子であるカール・グスタフ・ユングも潜在意識の概念を発展させ、集合的無意識という概念を提唱しました。

ユングは、個人的な無意識の他に、人類全体に共通する普遍的な無意識の層(集合無意識)が存在するとしました。

「潜在意識」・「無意識」は、実は生まれてから数十年かけて刻まれたもので、幼少期の生育過程や教育、過去の経験が大きく影響します。

自分の人生の成功体験、失敗経験、トラウマ体験が影響します。

さらに、集合無意識の影響は例えば「高所恐怖症」「閉所恐怖症」など体験もないのに感じられる感覚や感情として影響し無意識に繰り返されるパターンなどを経験します。

経験した覚えがないのに感じる感情や感覚。何か上手くいかないかなかったり、知らず知らずのうちに繰り返してしまうパターン、

そして、人間関係やお金などのお悩みも潜在意識、そして集合無意識が多く影響しているのです。

その場合、潜在意識の2つの領域から根本的な原因を見つけ書き換えることで、パターンやうまくいかないことを変えることができます。

誰にも本質的にそなわっている潜在能力がある!ネガティブな潜在意識が思い通りの人生や目標達成を妨げていて、それは、幼少期から刷り込まれた思い込みや、トラウマ体験などでできたブロックだと知ると、潜在意識=ネガティブなイメージを持つ方が多いのですが、潜在能力という素晴らしい能力も存在しています。

ただ、こちらも無意識なので、認識が難しいのです。

さらに、人は自分を守るための「防衛本能」が働くために、ネガティブな出来事を優先して記憶します。

それにより、潜在能力にたどりつくことが困難になってしまうのです。

それはまるで、潜在能力という綺麗な原石の上に落ち葉が積み重なって見えなくなってしまっているようなイメージです。

潜在意識の書き換えは落ち葉に隠れて見えなくなっている本質の力である原石という本質的な自分と能力を取り出す作業に例えられます。

潜在意識を書き換える方法潜在意識を書き換える様々な方法があります。

1.言葉の力を使う

言葉には「言霊」と言って波動があり、周波数があります。

「ありがとう」をたくさんいうと、現実が好転するとか成功者は感謝の気持ちを忘れない。

など言霊の重要性は沢山、伝えられています。

そして、他の人に放つ言葉も、自分に伝える言葉もどちらも言霊のエネルギーは全て自分にエネルギーを与え周波数を変えています。

周りの人に感謝の気持ちを伝えることを意識すると、人間関係も自然に良好になります。

そして「ありがとう」の反対は「あたりまえ」です。

特に潜在意識の表れである「身体」は意識を向けていない時でも頑張って働いてくれています。

ご自分の身体に感謝の気持ちを伝えるのも大事なことです。

2.物事の意味づけを変える

同じ出来事でも捉え方、意味づけによって、周波数が変わります。

同じ出来事でも、意味づけによってネガティブにもポジティブにも変えられます。

自分にとってポジティブな意味づけが習慣化されると、無意識に脳がポジティブな出来事をフィルタリングするようになります。

3.望む未来のゴール設定をする

望まない現状は過去の出来事によるビリーフなどに影響を受けています。

そのままの意識では周波数は変わらず、現状が続きます。

今の状況を変えるには「突拍子も無いと思うような「未来のゴール設定」や「夢」を思い描がくと良いのです。

「突拍子も無いと思うような「未来のゴール設定」や「夢」を思い描がくことで、無意識に今までとは違う視点がもてるようになっていきます。

そして、楽しくリアリティを感じながら未来のゴールをイメージして、ゴールを達成した喜びの感情を感じることで、周波数帯が変わり現実も変わります。

4.ネガティブなマインドを生み出す根本的な原因を書き換える

ご自分の人生になんとなく違和感を感じる、頑張っても思い通りの人生にならない。いい結果が出ていないと思われる時は、過去に潜在意識に刻まれたプログラムにより無意識な自動思考や自分に対する価値観の持ち方など影響する場合があります。

ご自分の固定された考え方や思い込んでいることをビリーフと言いますが、過去の経験、例えばトラウマを感じる経験が影響していたり、人から言われた一言が原因になっているかもしれません。

特に、人から言われた「〇〇ちゃんは、こういう子供だよね」という一言で本質の自分を表現できなくなっている場合もあります。

潜在意識は無意識なので、ご自分で変えることが難しい場合もあります。潜在意識の思い込みを書き換え、マインドを変えるためにセラピーを受けたり講座を受講して、ご自分が潜在意識を理解しながら変える方法もあります。

ここまで、潜在意識を書き換える方法をお伝えしました。

潜在意識を理解して書き換え、ビリーフの陰に隠れていた本質の自分を知ると、現実や人生か好転したり、心も身体も変化します。

目標達成や人間関係が良好になり、お金の流れも変わります。

ぜひ潜在意識の無意識の力を信頼し、ご自分の人生を豊かにするためにお役立てください!

Mana’s Methodではオリジナルメソッドでの悩みの根本原因の解消や目標達成のためのメタマインドセットなどを潜在意識の書き換えるプログラムでお伝えさせていただいてます。

潜在意識の書き換えはご自分で取り組むことで書き換えができることもありますが、お一人では書き換えが難しい時はお気軽にご相談ください!

この記事の著者

Mana Nakamura

「なぜ、人生は思い通りにならないのか?」その根本的な原因は「心の目が無意識に見ている景色」にあると自身の体験により実感する。量子力学、脳科学をベースに悩みをきっかけに「本質的な自信」を取り戻すセッションを提供し始め16年。「細胞の記憶」集合無意識の影響を解消し不登校、引きこもり、拒食症などの子供さんを回復に導く。メタマインドで目標達成するコーチングでは経営者の悩みの解消やプロスポーツ選手をサポートしている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

プライバシーポリシー / 特定商取引法に基づく表記

Copyright © 2024 Mana's Method~マナズメソッド~ All rights Reserved.

CLOSE